根管治療

手術用顕微鏡を用いた精密歯内療法(マイクロエンド)

治療が困難、抜歯と言われた歯が残せるかもしれません。 一度診査してみてはいかがでしょうか?

■こんな事はありませんか?

・虫歯が深かったり、外傷で歯が割れてしまった時に除去する事が多い、神経をなんとか残したい

・何度か根の治療をしているがなかなか良くならない

・他の病院では抜歯と言われたがなんとか歯を保存したい

・抜歯してインプラント治療といわれたがなんとか自分の歯を使いたい

・綺麗な被せ物を入れて間もないが根の病気になり、外さずに治療したい

・歯内療法、顕微鏡歯科の専門医による治療を受けたい

(* いずれも適応外の場合があるため十分な診査が必要です。ご相談ください)

歯の根は非常に複雑な形をしており肉眼での治療は非常に困難です!

根幹治療 根幹治療

 →マイクロCTで撮影した一般的な大臼歯(奥歯)の立体構築像

 

手術用顕微鏡で肉眼では難しい部分を拡大して観察しながら治療をおこないます

肉眼(ほぼ神経の入り口が見えない) 手術用顕微鏡下(神経の入り口が確認できる)

 

現状の保険治療での根管治療では、使用出来る時間と器材の制限があり残念ながら十分とは言えません。また専門医水準での治療を受けるのは難しいです。
自費診療での専門医による根管治療では十分な時間と器材が使用できるため、高いレベルで技術の提供が可能です。

日本の保険治療での根管治療の成功率が約30%に対し、専門医が行う精密根管治療は約70~90%を示します。また、根管治療がうまくいかない場合に行う外科的歯内療法においても、従来の外科的歯内療法(歯根端切除術)の成功率が約60%に対し、手術用顕微鏡を用いた歯根端切除術の成功率は約90%です。
(いずれも治療前の歯の状態により成功率は異なります)
専門医による精密歯内療法(マイクロエンド)は、根管治療と外科治療まで含めて90%以上の成功率を示します。(*いずれも診査した上で適応と判断された症例に限ります)

* 治療内容、費用に関してなどご不明な点は御気軽にご相談ください

根管治療の説明・確認書

右の図(PDF)をクリックしますと根管治療の説明・確認書(同意書)が開きます。

HOME|医院紹介|当院の特徴|根管治療|インプラント治療|親知らず|無痛治療|口腔外科治療|審美歯科|トピックス

銀座,歯科,歯医者,インプラント治療,無痛治療,審美歯科治療,口腔外科,親知らずの治療【銀座もりしま歯科口腔外科】